一部の学校ではフットサルコートのレンタルを実施中

交流を深める手段

蒲田の学校では、グラウンドをフットサルコートとして貸し出しているだけでなく、夏祭りやバザーなどでも使用しています。地域ぐるみで交流を深める為に実地されており、そうした取り組みのお陰で多くの人が訪れるようになりました。

人気の理由をランキングでご紹介

no.1

アクセス良好で通いやすい

都市部に住んでいてもアクセスがしやすいという点も高く評価されています。電車の場合、最寄り駅によっては15分程度で到着するでしょう。車で向かうことも可能ですが、駐車場は用意されていないのでコインパーキングに停めると良いです。

no.2

充実した環境なので安心

環境が整っているので、子供を安心して通わせることが出来ます。人工芝には耐熱温度がしっかりとしたゴムチップが使用されており、夏場の練習でも子供達にかかる負担は軽いものとなります。ゴムチップに関しては過去に色々な問題がありましたが、近年では無害のものが使われているので安心してください。

no.3

コートの貸し出し

こちらのフットサルコートは学校用地として設けられているので、他と比べると低価格でレンタルすることが可能です。1コートだけでも借りられますし、2コート借りて広々と使用するのも良いでしょう。平日は19時、土曜は16時、そして日曜祝日は8時から開放を行っています。

用具もレンタル可能

フットサルを本格的にしている人もいれば、趣味として楽しんでいる人もいるでしょう。コートだけでなくスパイクやグローブも貸し出しているので、お手頃価格で用具を揃えることが出来ます。コートだけ予約をして、当日は手ぶらで参加という選択もあります。

欠かせないアイテムをご紹介

基本となる装備

フットサルだけに言えることではありませんが、最も重要となるのはスパイクです。とくにこだわりがなければレンタルしても良いですが、これから頻繁にプレーしていくのであれば質の良いものを購入するという手もあります。

簡単にチーム分け

誰がどのチームなのかを一目で判断する為に、ビブスを着用する必要があります。黄色やピンクなどの派手な色が使われることが多いのでわかりやすいです。こちらはレンタルで済ませる人も少なくありません。

ボールは主役

ボールがなくては試合が始められないでしょう。チームのキャプテンやゴールキーパーが代表して購入するパターンもありますし、個人的に購入して自主練しているというパターンも増えています。

受け止める為に必要

ゴールキーパーが思う存分に楽しむ為には、グローブが欠かせません。強く蹴られたボールを素手で受け止めると痛いですし、打ち所が悪ければ怪我をする可能性があります。それらを避ける為にも、ゴールキーパーはグローブの着用を忘れてはいけないのです。

脚を守る為の用具

ボールが脚に当たっても怪我をしないように、レガーツを着用すると良いです。義務ではありませんが、より安全なプレーが楽しめると言えます。頻繁に使わないのであれば、コートのレンタルと同時にレガーツも貸してもらいましょう。

基礎を知ろう

フットサル

有名になりつつある競技

フットサルは近頃になってよく耳にするようになりましたが、一昔前まではメジャーなスポーツではありませんでした。今でも、サッカーと区別がつかない人も多いでしょう。似ている点も幾つかありますが、サッカーよりも規模は小さいです。つまり、少人数でも始められるというメリットがあるのです。

規模が小さくて始めやすい

サッカーは11人必要ですが、フットサルの場合はゴールキーパーを含めても5人だけで大丈夫です。また、交代に関しても自由度が高く、審判の承諾を得なくても問題ありません。そうした点もサッカーとは異なるでしょう。他にも、プレーの再開方法や競技時間などに違いがあります。競技者数が半分になる分、時間も半分にカットされていると考えて良いでしょう。

禁止行為にご用心

フットサルには「4秒ルール」が存在します。プレー中に重要となるキックインやコーナーキックですが、これらは4秒以内に済ませる必要があるのです。また、サッカーでは禁止行為ではないショルダーチャージが、フットサルの場合はファールになってしまいますので注意しましょう。

ネット上で広まりつつある情報

小学生や女性などでも気軽に始められるスポーツとして有名になりました。厳しいルールはないものの、安全を考慮したルールは設けられているので怪我をする確率も低いです。もともとはマイナーな競技だった為、インターネットを通じて情報を交換する人達が多くいました。フットサルが少し有名となった今、競技者数も増えているので、ネット上で仲間を集う事が出来るかもしれません。

広告募集中